Boundary 243 | Vintage Wear & Antiques | #102-1-7-1 Nakasange, Okayama, Japan

Boundary243

足長R

リーバイス501のフロントボタンには足長Rと呼ばれるものがあります。
使用されていた年代は1955年~1970年頃まで。
ジーンズのタイプで言うと501XXの紙パッチからBig-Eまでということになります。
しかし一概には言えず変遷期の501XXには革パッチでも足長Rのフロントボタンが使われていることもあります。
足長Rは数ある501のディテールのなかでも分かりやすいディテールなので是非覚えておいてください☆

まず、フロントボタンとはこちら。

IMG_4974

 

一番上の少し大きめなボタンがトップボタン。
その下の4つのボタンをフロントボタンと呼びます。

そしてこちらが1970年代前半の501-66モデル(Big-Eの直後のモデル)のフロントボタンです。

IMG_4967

 

LEVI STRAUSSのRが通常のものです。
今回は参考資料がありませんでしたが、1955年以前のフロントボタンもこのような通常のRが使われています。

こちらが足長Rのもの。

IMG_4973

 

Rの左足が少し長いのがご覧いただけるでしょうか?

別の物でもう1枚。

IMG_4972

 

左足が長いですね。
このようなフロントボタンを足長Rと呼びます。
非常に愛嬌があり個人的にも好きなディテールです。
皆さんもチェックしてみて下さい☆

それでは本日は店頭にある足長Rで締めたいと思います。

IMG_4971

IMG_4970

IMG_4960

 

カテゴリー : 古着の豆知識