Boundary 243 | Vintage Wear & Antiques | #102-1-7-1 Nakasange, Okayama, Japan

Boundary243

ビンテージデニムの洗濯

皆さんはビンテージデニムの洗濯をどのようにしていますか?
色落ちを抑え濃淡をつけるために洗濯はしない、という方もいらっしゃるかと思います。
自分の持ち物なので洗濯する・しないは自由ですが、Boundary 243では「着用するなら洗濯する」ことをおススメします。
着用により皮脂や汚れがデニムの繊維の間に入り生地を傷めてしまうからです。
色落ちが進むので頻繁に洗ったほうがいいとは言えませんが、最低限の洗濯はした方が良いと思います。

 

IMG_6354

 

洗濯の際にはいくつか注意点があります。
まずは使用する洗剤です。
一般的な蛍光剤入りの洗剤はジーンズ全体が白っぽく色落ちするので避けた方が無難です。
おススメの洗剤は、原宿にある有名なビンテージストア「BerBerJin」のブログでも紹介されていた、ザ・ランドレスのデリケートウォッシュという洗剤です。
ビンテージデニムとの相性は非常に良く、様々なアイテムにも使用できます。
洗い方は浸け置き洗いがおススメです。
水にデニムを浸し、洗剤を入れ、軽く手で押し洗い、30分程放置します。
放置したら洗剤を流し、脱水して干せばOKです。
インディゴが全く落ちないという訳ではありませんが、ビンテージデニムをより長く愛用するために洗濯はマストです。

 

IMG_6355

 

洗濯をすれば繊維が健康な状態になり長持ちします。
デニム地の状態をよく観察しながらメンテナンスをすれば、ビンテージデニムとも長く付き合うことができると思います☆

 

IMG_6356


カテゴリー : 古着の豆知識