Boundary 243 | Vintage Wear & Antiques | #102-1-7-1 Nakasange, Okayama, Japan

Boundary243

[古着の豆知識] の投稿一覧

【Details】1950’s Big Mac Chore Jacket

タイトルの「Chore Jacket」とは、日本ではカバーオールという名称で親しまれているジャケットのことです。 「Chore(チョア)」とは「(家や農家での)雑用、作業」といった意味で、Chore Jacketとは、(…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

Bowling Shirt

ノリの良いボーリングシャツが入荷しています。 そこで本日はボーリングシャツについて少し書きたいと思います。 ボーリングシャツと言えば50年代というイメージが強いかと思います。 それもそのはず、アメリカでボーリングが「大衆…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

Herringbone

昨日のスタイルサンプルでも使用したヘリンボーン生地のアイテム。 「ヘリンボーン」はビンテージ古着のワークウェアやミリタリーシャツ等によく使われている生地です。 「Herring」とは魚のニシン、「bone」とは骨を意味す…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

Chambray Shirt

古着でも人気の高いシャンブレーシャツ。 上品な着こなしから無骨なワークスタイルまで幅広い着回しができる便利なアイテムです。 シャツ自体はシンプルな作りの物が多く、何にでも合わせやすいのもポイントです☆ 「シャンブレー」と…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

内股シングル

Levi’sデニムジーンズのディテールの1つである内股シングル。 内股から裾にそっての縫い目の事で、この部分はインシームとも呼ばれています。 1980年代中頃まではここがシングルステッチで縫われています。 こ…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

Hanes

刻々とTシャツの季節が近づいて来ております。 本日はHanesのTシャツについて。 私も大好きなHanesのTシャツ。 1番のお気に入りは80年代のPoly Cotton(Cotton 75%,Polyester 25%…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

Chain Stitch

刺しあがりがチェーン(鎖)に似ていることからこの名称がついたチェーンステッチ。 ビンテージのワークジャケットやボウリングシャツによく見られる刺繍方法の1つです。 私もその1人ですが、チェーンステッチの魅力にはまると刺繍モ…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

【Details】Levi’s 501XX

昨日のディテール紹介のためリーバイス507XXをじっくり見返して、ビンテージ古着の風合いの良さを改めて実感しました。 本日は店頭の501XXを例にディテールを見ていきたいと思います。 リーバイス501の歴史は古く、最初に…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

【Details】: Levi’s 507XX

デニム好きに根強い人気を誇るリーバイスのビンテージデニムジャケット「507XX」。 エルビス・プレスリーが着用したことでも有名で、ファンの間では「セカンド」という愛称で親しまれている。 その人気の秘密はシルエットの美しさ…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

襟の形状

シャツの製造年代を判別するのに大きなヒントとなるのが襟の形状です。 襟の形には当時の流行が反映されていることが多く、違いがわかりやすいので是非覚えておいてください★ まずは1940年代のもの。 ロングポイントと呼ばれる襟…

≫ 続きをみる

カテゴリー : 古着の豆知識

3 / 512345